行きは良い良い帰りは怖い

wakiga25

私は埼玉県在住の会社員なのですが、毎日出社の為地下鉄を利用しています。もともと脇汗が異常に多いのを悩みに思っていましたが自分がワキガだという意識はあまりなく職場の先輩の着替えてる時の脇の黄色い汗染みを見て「かわいそうだな~」なんて他人事にしか思っていませんでした。しかし30に近づくにつれて「もしかして・・・」と思うようになり周りの視線を気にするようになっていき色々な対策をするようになっていきました。
毎朝出社前に脇に塗り込むタイプの消臭剤をこれでもかと塗り込み、会社に着いたら更衣室でデオドラントシートを各脇に一枚づつ使ってワキガを封じ込めます。
昼の休憩時間にもデオドラントシートによるワキガ封印作業を行い周囲にワキガであることを察知されないようにしています。
そんな必死の作業により就業中は平和を保てているのですが、退社時間が迫るにつれて自分の脇から何か嫌なオーラが立ち上がってきます。
それを周りに気づかれぬように体を小さくしながら就業のベルを待ち、鳴ると同時に更衣室へ。
制服を脱いでみると本来は白いはずの下着の脇の部分だけが黄色くなっている・・
急いでデオドラントシートで脇をぬぐい替えの下着に着替えます。
それが会社での日常なのですが、最大の危機はこのあと、帰りの電車です。
帰りの電車ではデオドラントシートの効力も持って30分、最寄り駅までは電車で50分なのです。
その為最寄り駅が近づいてくるにつれ脇の悪魔が眠りから覚めようとしてくるのです。
毎日がその繰り返しなので憂鬱で手術も考えなきゃと思う33歳の会社員です。

評判のワキガクリームランキング